Hisako Takayama
友禅

うちかけは 絹の宝石

美しい日本の花嫁に 憧れと祈りを込めて
数年の歳月と数十もの工程で創りあげる 最高級の芸術作品

絹の宝石、友禅 幸せのうちかけ
ヒサコタカヤマが選んだ友禅作家

日本が誇る最高級のうちかけ

「より細く」「より若々しく」「より着心地よく」をコンセプトに花嫁を美しく見せるドレスを創りつづけるHisako Takayamaが選んだ、和の花嫁衣裳。

それは、友禅染めの華やかな色彩と職人たちによる手仕事がきらめく絵画のように見事な京都本手描友禅のうちかけ。

一点ずつ花嫁を最高に美しく輝かせるためにつくられ、運命の一着をまとう花嫁をしなやかに、気高く包みます。

Hisako Takayamaが自信をもってお届けする憧れの和装、そのクオリティをご体感ください。

友禅
香寿蘭(こうじゅらん)

香寿蘭(こうじゅらん)

咲き誇る蘭の花をモチーフに選び、大胆に描いた、豪華で気品あふれる一着。古い伝統工芸である本手描友禅、金彩や貝螺鈿の匠の技を結集。伝統を超える革新の生み出す「見事」が花嫁を一際美しく輝かせます。

天富謡(てんふよう)

天富謡(てんふよう)

本手描友禅の妙技を尽くし、金箔工芸を張り重ねた格式高い最高級のうちかけ。人々の憧れを集めてきた「菱花紋」と本手描友禅の染めに本金箔が調和する逸品です。

讃華吉祥(さんがきっしょう)

花嫁の憧れと夢を友禅で染め上げた華麗なうちかけ。曙茜色の空に舞う金箔の雁。咲き誇る爛漫の花の向こうに、凛として佇む御殿は金彩工芸の妙技を尽くして表現。乙女の夢を描く可憐な一着です。

讃寿梅(さんじゅばい)

讃寿梅(さんじゅばい)

伝統的な古典文様を現代に合わせて、本手描友禅で表現しました。この一着をまとう花嫁様の魅力を引き出す不思議なオーラ、それは最高の本物が醸し出す「気品」。

翔倉華(しょうそうか

翔倉華(しょうそうか

はるか昔シルクロードを経て渡来、いまは奈良の正倉院に収まる唐草文様に、日本の象徴である桜と名画に描かれた鶴を合わせて。真紅の地に金彩工芸がきらめく、歴史の趣あふれる一着。

倖鶴寿(こうかくじゅ)

倖鶴寿(こうかくじゅ)

本手描友禅で描かれた吉祥文様。歴史の美に育てられた「御所解」(ごしょどき)に寿ぎの鶴を配した、おめでたいうちかけ。大胆な白水玉文様の取り方が古代友禅の深さのなかに若さを添えています。

香宝寿(こうほうじゅ)

香宝寿(こうほうじゅ)

日本の四季を彩る花々が描かれた、よろこびの日にふさわしい華やかなうちかけは、本手描友禅ならではの配色の妙。金彩工芸が醸し出す格式、さらに貝螺鈿(かいらでん)を贅沢に散りばめた、職人の手仕事が光りきらめく一着です。

富貴紅寿(ふうきこうじゅ)

富貴紅寿(ふうきこうじゅ)

爛漫として咲く大輪の牡丹は、花嫁様の幸せを重ね合わせた憧れ。幸福を招く赤を全面に、若々しい感覚の友禅に金彩と刺繍の技法を活かした最高級のうちかけです。

YUZEN
本手描友禅の世界

美しい日本の花嫁に憧れと祈りを込めて

和の婚礼衣裳の第一人者として知られる作者・章の京都アトリエから生み出される、珠玉のうちかけ。長いものでは3年以上という月日と手 仕事の積み重ねで出来上がる本物の芸術作品です。選び抜かれた熟練の職人たちによる25の専門工程を経て、作者と職人たちが魂と祈りを込めて創りあげた至福のうちかけは、その一着をまとう幸せな花嫁の姿を時を超えて永遠に美しく輝かせつづけます。

秋山 章(あきやま・あきら)
京都にて独学で染色工芸を学び、本手描友禅の高級婚礼衣裳製造の道に入る。
「日本伝統儀式衣裳友禅保存協会」常任理事、「日本伝統儀式、日本の結婚式を守る会」専務理事。

秋山章
白生地

最高級の白生地を使用

日本では絹は神様からいただいた布とされ、儀式の衣裳にふさわしい。秋山章のうちかけには、駒塩瀬羽二重という最高級の白生地が用いられる。

下絵

青花で下絵を写す

青花と呼ばれる露草の花を搾った汁で、下絵の図柄を線描きする。図柄の勢いを生かすことが大切。

糸目糊

糸目糊を置く

青花で描いた下絵の線に糊を置いていく。指先で線の太さを調節する、熟練の技が必要とされる。

挿し友禅

挿し友禅

図柄に色をのせていく。ぼかし染めなど刷毛使いが重要で、友禅の工程の中でも花形といえる作業。

金彩工芸

金彩工芸

金箔は金粉をのせて接着。その豪華さと格式、気品は秋山作品ならでは。ときに、この作業に1年を費やすことも。

貝螺鈿

貝螺鈿

柔らかな絹の生地に螺鈿を張り込む技法は独自のもの。職人の高度な技術が光る作業でもある。

地直し

地直し

制作の途中で生じた汚れやシミなどを落とす。さまざまな道具や薬品を使い分け、完璧に仕上げる職人芸。

このページの上部へ